買取概要

中国切手 年賀切手「申」 赤猿 1980年 を買取させていただきました。「赤猿」と言えば、数多くの中国切手の中でも、最も有名な切手の一つですよね!

■言わずと知れたスーパー中国切手…「赤猿」!!

お持ちになられたお客様も、その価値を十分ご存知でしたので、査定額に驚かれることも無くスムーズに買取させていただきました…。

■通称「プレミア切手」→中国切手は「文化大革命時代(1966年~1976年)」

額面よりも高い価格で取引される切手のことを、買取業界では「プレミア切手」と呼んだりします。中国切手のプレミア切手は、やはり文化大革命時代の切手に集中します。文化大革命時代は、およそ1966年から1976年あたりの約10年間です。

と言いつつ…「赤猿」は1980年です…。およそこのあたりまでとお考えください。

■「満両が中国切手を1つ1つお調べいたします!」…よりも、もっと簡単な方法は…

でも、ある中国切手が、文化大革命時代に発行されたものかどうかを調べるにはどうしたらよいのでしょうか?「そんなの満両に聞けばいいじゃないか!」…(笑)
そうですね!(笑)、でも、もっと簡単な方法があります!中国切手の右下あたりに西暦が記載されています。

「それがその中国切手の発行年なんです!」


■1966~1976!(≧人≦)

1966~1976の間の数字なら「プレミア切手」の可能性ありです!コレクションのご予定が無ければすぐに福岡市平尾の満両へお持ちください(笑)

■たった1枚の切手が「何万、何十万円!」にも…!中国切手の魅力

たった1枚の切手に信じられないくらいの高値が付くものがあります!特に満両は高額査定の買取店です!市場相場に左右されますので売却のタイミングも重要です。そのあたりにつきましてもしっかりご説明いたします。

■中国切手は福岡の満両です!

全国的に見ても、福岡や福岡周辺エリアは、中国切手の保有者が多い地域です。コレクションのご予定が無ければ、ぜひ福岡市中央区平尾の満両へお持ちください。

中国切手の取引価格は、数年前と違い高騰する局面を過ぎています。価格が落ちてしまう前に売却をお勧めします。